北前交易の伝統が息づく

白山美川ふくさげ祭り ~雛のつるし飾り~

2018年3月17日(土)~3月18日(日)《午前10時~午後4時まで》

第7回白山美川ふくさげ祭りは終了いたしました。

大勢のみなさまにご来場いただきありがとうございました。

 

ふくさげ祭り 2018


~ 雛のつるし飾り ~

 

石畳の大正通り商店街を中心に

歴史と伝統が息づく美川の街並みと白山の恵み、

 

平成の名水百選認定「白山美川伏流水群」を巡る街歩き、

ゆっくり、のんびりと一日をお楽しみください。 

 

 

美川には通も唸る料亭・寿司店等があります。 

ぜひ、ご賞味ください。お待ちしております。


第1会場:大正浪漫館(大正通り商店街)

第2会場:美川商工会館展示スペース

第3会場:JR美川駅1階ホール“ふれ愛”

第4会場:美川今町二木邸

第5会場:もと江呉服店(大正通り商店街)

 

 

問い合わせ 美川商工会 TEL 076-278-3328

白山美川ふくさげ祭り ~雛のつるし飾り~は

今年も開催されます。

 

美川と関わりの深いフグやサケなどのつるし飾りを展示する祭りです。

 

大正通り商店街の大正浪漫館、美川商工会館やJR美川駅、二木邸、もと江呉服店で展示されます。

 

美川商工会女性部が中心となって企画しています。

 

フグは「福」、サケは生まれた川に帰ることから伝統行事「おかえり祭り」にちなんでいます。

 

北前交易の華やかさを今に伝える和服の生地に美川刺繍を飾り、七福神のえびす天や小判、エビなどを表現しています。

 

豪華で賑やかなおめでたいお祭りです。

 

 

 

 

 

 



美川おかえりの会【ボランティアガイド】

白山美川ふくさげ祭りへご案内

 

石畳の大正通り商店街を中心に、歴史と伝統が息づく美川の町並みを、ガイドと一緒に巡ります。

 

白山美川に春の訪れを告げる「ふくさげ祭り」。 

雛のつるし飾りに彩られた町を、ゆっくりお楽しみください。

 

コース:

JR美川駅2F~美川商工会~徳證寺~大正浪漫館~正寿寺~おかえり祭りの御旅所 等(約1km)

 

■開催日時

2018年3月17日(土)9:30~ 13:00~

2018年3月18日(日)9:30~ 13:00~

 

 

■開催場所 集合:JR美川駅2階 白山市美川中町ロ−221

 

■料金 500円

 

■所要時間 約2時間30分 

 

■問い合わせ 美川おかえりの会(隅田) TEL 090-1390-4768

 

 





ふくさげ祭りの言葉の由来 【ふく】【さげ】【祭り】

【ふく】
【ふく】

 

【ふく】は魚のフグから由来。フグは福(ふく)とも呼ばれ、幸福を意味します。

糠漬・粕漬は美味しい美川の特産品です。 

 

【さけ】
【さけ】

 

【さげ】は魚のサケから由来。手取川は鮭が帰ってくる遡上の南限の川。

子供たちが元気に育ちますようにとの願いが込められています。

 

 

【祭り】
【祭り】

 

 【祭り】は美川古来の勇壮なラッパ隊と華麗な台車の織りなす「おかえり祭り」の意味が含ませています。
おかえり太郎の飾りは美川ならでのキャラクターです。 


ふくさげ祭り 2016

ふくさげ祭り 2015


ふくさげ祭り 2014

ふくさげ祭り 2013



 ■アクセス

【車でお越しの場合】北陸高速道 美川ICから10分

【JRでお越しの場合】 金沢駅~ JR美川駅 20分

 

 

東京から

東京駅―美川駅 約3時間00分(北陸新幹線かがやき)

 

大阪から

大阪駅―美川駅 約2時間40分(特急サンダーバード)

 

名古屋から

名古屋駅―美川駅 約2時間29分(新幹線 + 特急しらさぎ)