手取川の戦い【古戦場】

手取川は古戦場です。  

 

天正5年9月23日(和暦)【西暦1577年11月3日】に織田信長の家臣である柴田勝家と上杉謙信の戦いが手取川でありました。

 

 

1576(天正4)年、越後国の上杉謙信は、能登国の平定のため2万を率いて春日山城から出陣、能登畠山家の居城、七尾城へ向かいました。  

 

これに対抗して、七尾城落城前に畠山家家臣長氏から救援を受けていた織田信長は、先発隊1万8000と本隊3万を北陸地方に派遣しました。

 

上杉謙信の西上を阻むため、柴田勝家、加賀藩初代藩主前田利家らは手取川を超えて北加賀に進出し、本隊は手取川を背後にした水島(松任市)に布陣しました。

 

七尾城は上杉方の手に落ちたのですが、柴田勝家はこれを知らぬまま北上を続けたのです。

 

この間、柴田勝家の指揮下に入れられた羽柴秀吉(豊臣秀吉)が以前から勝家と不仲だったこともあり離陣し、無断で長浜城に戻ってしまい信長の逆鱗に触れうという事件も起きています。

 

北上してくる柴田勝家の大軍(1万8千)に対応するため、上杉謙信は七尾城から出陣、南下し、加賀国の松任城を攻めるが落とせず、一向宗の若林長門守と和睦開城の上、入城しました。

 

松任城の10kmほど南を流れる手取川を渡ったところで柴田勝家はそれを知り、謙信に対しての城攻めは危険と判断し、まずは手取川後方までの撤退を開始しました。

 

これに松任城から打って出た上杉軍が襲い掛かりました。

 

上杉軍の奇襲にあい、運悪く増水していた手取川に退路を塞がれ、大敗してしまいました。 

 

手取川を遠望できる呉竹文庫前には、当時広まった落首「上杉に遭うては織田も名取川(手取川)はねる謙信逃ぐるとぶ長(信長)」の碑があります。

 

追撃戦は追われる方が不利である。結局柴田勢は手取川での溺死者も相次ぎ、合計2000もの死者を出す大敗を喫し、信長も途中で進軍を止めたそうです。

 

ただ不思議なことに、手取川の戦いの記録は上杉方にはありますが、織田方にはこの記録はないとのことです。

 

また、織田方が大敗をしたにも関わらず主だった家来に死者がいないことも事実のようです。

 

この戦いにより、上杉謙信の勢力範囲は越後国、越中国、能登国、さらには加賀国の広範囲まで拡大され、翌年の上洛戦を予定したと言われていますが、謙信の急死により実現しませんでした。