北前交易の伝統が息づく

美川漁港 豊饒の海・日本海からの新鮮な魚介類

北陸新幹線に乗って美川へ行こう
北陸新幹線に乗って美川へ行こう

白山を水源とした手取川、そして海底から湧き上がる豊かな伏流水があります。

この自然環境の中で育つ、しらす、エビを目指して多くの魚介類が集まってきます。

 

中でも、美川漁港のごち網漁で上がる真鯛は絶品と言われています。

この真鯛が赤いのは「アスタキサンチン」という色素だそうで、蟹や海老の自然な色素でもあるとのこと。

 

真鯛は海老ばかり食べるので、海老に含まれる「アスタキサンチン」が体表に現れ真鯛は赤くなるのだそうです。

 

つまり、赤い真鯛がたくさんとれるのは海底に豊富に海老がいるからで、その海老が生きるためには海底に湧き出る白山手取川の伏流水があるからなのですね。

 

美川漁港では午後3時ごろ漁船が港へ着いた途端、地元の飲食店や、寿司店のオーナーが買い付けにきます。

 

だから、浜どころの美川には美味しい料理店もいっぱい。

ぜひ一度、ご賞味ください。

 

飲食店は美川商店連盟の加盟店がおすすめです。